トップページ はじめに 絵本年表 サイトマップ ギャラリー

ポップアップカード講座
よみうりカルチャー自由が丘にて 4月2日より開講
体験講座あります♪
体験は随時受け付けております
(2430円・教材費別)

詳細・お申込みはこちらからどうぞ!
内容についてのお問い合わせはこちらから

トップページ 19世紀 ディーン&サン社 > 飛び出す絵本・しかけ絵本の歴史:ディーン&サン

当サイトの外部リンクはほとんどが外国語ページになっています。
下記翻訳サイトのwebページ翻訳を使っていただくと日本語で読むことができます。(翻訳はテキストのみ、画像の文字は翻訳されません)
エキサイト翻訳
Yahoo翻訳
infoseekマルチ翻訳

飛び出す絵本・しかけ絵本の歴史:ディーン&サン

ロンドンの出版社ディーン&サン(Dean and Son)は1850年代から1900年の間に約60タイトルの飛び出す(ポップアップ)しかけ絵本(当時はtoy book あるいは movable bookとよんでいました)を出版しました。

また、ディーン&サンは、飛び出す(ポップアップ)しかけ絵本を出版するための専門部門を作り、オリジナルのしかけを作り出しました。

ひっぱると動くしかけ(プルタブ)、当時すでに存在していたピープショーの構造を応用した3次元(立体)になる絵本(これはポップアップの原点といわれています)、そして、変わり絵などです。

the Royal Punch & Judy as Played before the Queen at Windsor Castle & the Crystal Palace.
ディーン&サン toybook1

Beauty and the Beast
ディーン&サン toybook2

画像はUNT Librariesより

こちらでディーン&サンのしかけの説明を見られます。
http://robertsabuda.com/everythingpopup/aladdin.asp

▲このページのトップへ


当サイトはリンクフリーです。下記リンクタグをご利用ください。

<http://history.tobidasu-ehon.net/2008/01/dean_and_son.html>飛び出す絵本・しかけ絵本の歴史:ディーン&サン</a>