トップページ はじめに 絵本年表 サイトマップ ギャラリー

ポップアップカード講座
よみうりカルチャー自由が丘にて 4月2日より開講
体験講座あります♪
体験は随時受け付けております
(2430円・教材費別)

詳細・お申込みはこちらからどうぞ!
内容についてのお問い合わせはこちらから

トップページ 20世紀 ボイチェフ・クバシュタ > 飛び出す絵本・しかけ絵本の歴史:ボイチェフ・クバシュタ

当サイトの外部リンクはほとんどが外国語ページになっています。
下記翻訳サイトのwebページ翻訳を使っていただくと日本語で読むことができます。(翻訳はテキストのみ、画像の文字は翻訳されません)
エキサイト翻訳
Yahoo翻訳
infoseekマルチ翻訳

飛び出す絵本・しかけ絵本の歴史:ボイチェフ・クバシュタ

ボイチェフ・クバシュタ(Voitech Kubasta)は、1950年代から1960年代にかけて活躍したしかけ絵本作家です。クバシュタはウィーン生まれですが、人生のほとんどをチェコのプラハで過ごしたそうでうす。

クバシュタはプラハ出版に勤務、その後グラフィックデザイナーとして働き始めます。クバシュタの最初の飛び出す絵本は1956年に出版された赤頭巾ちゃんでした。

クバシュタの飛び出す絵本は、社会主義国家の元、外貨獲得のために印刷され自国の子どものためには印刷されなかったという現実がありました。

クバシュタのポップアップは実に精巧で芸術品のようです。

クバシュタの展覧会資料HP
PAPER ENGINEERING:The Pop-up Book Structures of Viotech Kubasta, Robert Sabuda,and Andrew Binder

クバシュタのマルコポーロのしかけが360度回転して見られます。
http://www.lib.virginia.edu/small/exhibits/popup/marco.html

サンタマリア

サンタマリア1

サンタマリア2

TIPTOPCAR

TIPTOPCAR1

TIPTOPCAR2

TIPTOPCAR3

TIPTOPZOO

TIPTOPZOO3

TIPTOPZOO3

▲このページのトップへ


当サイトはリンクフリーです。下記リンクタグをご利用ください。

<http://history.tobidasu-ehon.net/2008/01/voitech_kubasta.html>飛び出す絵本・しかけ絵本の歴史:ボイチェフ・クバシュタ</a>