トップページ はじめに 絵本年表 サイトマップ ギャラリー

ポップアップカード講座
よみうりカルチャー自由が丘にて 4月2日より開講
体験講座あります♪
体験は随時受け付けております
(2430円・教材費別)

詳細・お申込みはこちらからどうぞ!
内容についてのお問い合わせはこちらから

TOP > 19世紀 R・タック&サン社

当サイトの外部リンクはほとんどが外国語ページになっています。
下記翻訳サイトのwebページ翻訳を使っていただくと日本語で読むことができます。(翻訳はテキストのみ、画像の文字は翻訳されません)
エキサイト翻訳
Yahoo翻訳
infoseekマルチ翻訳

19世紀 R・タック&サン社

飛び出す(ポップアップ)しかけ絵本の歴史:ラファエロ・タック&サン

1860年代になるとドイツの出版社が児童図書市場に進出してきました。その中でドイツからやってきたラファエロ・タックはイギリスで大成功を収めることになります。

1870年ロンドンにラファエロ・タック&サン社(Raphael Tuck & Son)を設立し、ポストカード、パズル、ペーパードールなどを製作し、1890年に飛び出す(ポップアップ)しかけ絵本『Father Tuck's 'Mechanical' Series』を刊行しました。『Father Tuck's 'Mechanical' Series』は、絵が立ち上がって立体になったり動くしかけのある本でした。

ラファエル・トラック&サン社の印刷品質は素晴らしく、1893年には"the official Publisher to Queen Victoria”と命名されたほどでした。

また、ラファエロ・タックは出版物に自身の名前をつけた最初の人だといわれています。

『Father Tuck's 'Mechanical' Series』とは違うシリーズのしかけ絵本ですが、下記ページで動くしかけの様子が見られます。
http://www.library.unt.edu/rarebooks/exhibits/popup2/tuck.htm

ラファエロ・タック&サン社はとても多くのポストカードを出しています。当時の美しい印刷をカードで見ることができます。
http://www.emotionscards.com/museum/raphaeltuck.html

[ トップページへ || このページのトップへ ]


当サイトはリンクフリーです。下記リンクタグをご利用ください。

<a href="http://history.tobidasu-ehon.net/paphael_tuck/">19世紀 R・タック&サン社</a>