トップページ はじめに 絵本年表 サイトマップ ギャラリー

ポップアップカード講座
よみうりカルチャー自由が丘にて 4月2日より開講
体験講座あります♪
体験は随時受け付けております
(2430円・教材費別)

詳細・お申込みはこちらからどうぞ!
内容についてのお問い合わせはこちらから

TOP > 19世紀 その他のしかけ絵本

当サイトの外部リンクはほとんどが外国語ページになっています。
下記翻訳サイトのwebページ翻訳を使っていただくと日本語で読むことができます。(翻訳はテキストのみ、画像の文字は翻訳されません)
エキサイト翻訳
Yahoo翻訳
infoseekマルチ翻訳

19世紀 その他のしかけ絵本

19世紀のその他のしかけ絵本

19世紀には、以下のようないろいろな趣向を凝らしたしかけ絵本も作られたようです。

●トンネルブック(あるいはピープショーブック)
●スピーキングピクチャーブック
●フリップブック(パラパラ漫画)

ピープショーブック(のぞきからくり絵本)

ピープショーブック(のぞきからくり絵本)とよばれるしかけ絵本は、1820年代ごろS.&J.フラー社によって作られました。(トンネルブックともよばれます)

このピープショーブックは、当時のお祭りで人気のあった「のぞきからくり」や「透視箱」から考え出されたしかけ絵本のようです。

しかけ絵本を開くと蛇腹になっていて、中には複数の絵が貼ってあります。

ピープショーブック(のぞきからくり絵本)全体

扉の穴からのぞくと、遠近感のある風景が広がります。

ピープショーブック(のぞきからくり絵本)中

当時は、『アリアオラマーリージェント公園の見晴らし』『セントジェームズ公園の散歩道』など公園物が人気を博したとのことです。

ピープショーブック(のぞきからくり絵本)はイギリスからヨーロッパに渡り、ベルサイユ庭園をモチーフにした作品がたくさんつくられたそうです。画像は1830年『ベルサイユの庭園』の復刻版です。一番奥には凱旋門が描かれています。

下のページに、ピープショーブック(のぞきからくり絵本)の歴史について透視箱からの説明があります。
http://www.artistbooks.com/abr/index.htm

スピーキングピクチャーブック(声が出るしかけ絵本)

スピーキングピクチャーブックは動物の絵が描いてあり、紐をひっぱると動物の声がするしかけが施してあります。

1800年代の終わり頃、製作されていたようですが、声が出るしかけ絵本についての記述はほとんどなく、詳細は不明です。

スピーキングピクチャーブック

スピーキングピクチャーブック1

絵本の中はこんなふうになっています。1冊1冊手作りされていた本なのでしょうね。

スピーキングピクチャーブック2

スピーキングピクチャーブックの画像が見られるページです。説明もあります。
http://www2.soe.umd.umich.edu/quigley/book_index.php?link=20

スピーキングピクチャーブックのyoutube動画です。声が聞けます。

[ トップページへ || このページのトップへ ]


当サイトはリンクフリーです。下記リンクタグをご利用ください。

<a href="http://history.tobidasu-ehon.net/popupbook_19etc/">19世紀 その他のしかけ絵本</a>